ウーマン

整体師になりたいなら資格を取ろう|感謝される仕事

人々の健康を技術で守る

施術

医療系の国家資格がとれるとして人気のある柔道整復師の学校ですが、人気の秘密はそれだけではありません。国家試験の合格率の高さと、社会人でも通えることです。学校には大学と専門校があり、それぞれ良さがあります。また、学校によって得意分野があるなど特色がありますので、自分に合ったところを選びましょう。

もっと読む

時代が求める仕事

女性

国民病と高齢化社会

日本の成人のおよそ8割以上が肩こりの症状を持つとされ、また1000万人以上が腰痛に悩んでいると答えています。このように肩こりや腰痛は、もはや日本人の国民病といっても過言ではない状況です。肩こりや腰痛が起こる原因の多くは、筋肉や骨格の歪みと言われています。現在の仕事はデスクワークが多くどうしても姿勢が悪くなりがちで、そのせいで筋肉や骨格にゆがみが起こりやすくなるのです。また、日本は世界でも有数の高齢化社会とされ、しかもその進行が急ピッチです。高齢者にとって肩こりや腰痛は避けられない症状とされるだけに、現在のこの国民病と言われる状況は必然とも考えられているのです。そんな状況だからこそ、これを改善する職業に大きな期待が寄せられています。その職業の1つが、整体師です。整体師は、これからの社会になくてはならない職業として注目を集めているのです。

この職業を目指すには

整体師は、同じ身体の痛みを改善する整形外科医や柔道整復師等とは違い国家資格が用意されていません。つまり、極論をいえば公的資格がなくとも整体師を名乗ることは可能なのです。しかし人の身体を施術する仕事とあって、実際のところなんの知識も技術もなくして行うことはまず不可能です。そこで整体師を目指すには、専門の教育を行う整体師学校に通うことが基本となります。学校では、人体についての座学、整体の基本的な知識や技術等を学んでいきます。これらを学び、カリキュラムを修了すると学校から民間資格が与えられます。整体師には国家資格がないため、民間資格がこの仕事を行うにふさわしいという認定証でもあるのです。整体の専門学校は全国に多数ありますが、どの学校を選ぶかによって就職の有利さが変わると言われています。できるだけ早く仕事につきたい場合には、大手の整体院が母体となっている学校だと就職先の斡旋が受けられやすいとされているため、こうした学校を選ぶなどの工夫をすることが大切です。

看護師の夢をあきらめない

2人の女性

病院奨学金は、卒業後に一定期間自分の病院で働くことを条件に、学費を肩代わりしてくれる制度のことです。学費の給料天引きなどはなく、実質授業料全額免除となります。家計の負担を軽くしたい人に人気です。卒業後に、思っていた職場と違っていたということにならないよう、選ぶときは慎重に行いましょう。

もっと読む

大学は高め

看護婦

看護学校においては専門的な知識を学ぶためにある程度の学力偏差値が必要なところが多いです。特に高い資格を得ることができる学校や就職率の高い学校では生徒が集まるので必然的に入学の際の偏差値が高くなっていく傾向があります。

もっと読む