人々の健康を技術で守る|整体師になりたいなら資格を取ろう|感謝される仕事
レディ

整体師になりたいなら資格を取ろう|感謝される仕事

人々の健康を技術で守る

施術

夢が広がる医療の仕事

柔道整復師という言葉を聞いたことはありますか。捻挫や打ち身、時には骨折などの怪我を、柔道の知識と技術をベースにして、治療して行く仕事です。柔道整復師は国家資格です。文部科学省が指定した学校で、3年間以上学習したうえで、国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格率は70%ほどと比較的高く、しっかりと学校で勉強すれば、合格も難しくはありません。しかも、医療系の国家資格ということで、柔道整復師の学校は、医療技術者を目指す方にとっては、魅力のある存在です。また、最近はスポーツ関係のトレーナーなど、柔道整復師の活躍の場がますます広がっていく傾向にあります。学校の方でも夜間部など、仕事を持った方でも学べる環境があり、新卒の方だけではなく、転職を目指す社会人にも人気があるのです。あこがれの医療技術者に、柔道整復師の学校で夢をかなえてみませんか。

何をポイントに選ぶのか

柔道整復師のための学校には様々なものがありますが、どこを選べば良いのか、学校選びの注意点について、考えてみましょう。柔道整復師の学校には、大きく分けて大学と専門校があります。大学は4年間、専門校は3年間かけて、一人前の柔道整復師となるための知識とスキルを身につけるのです。この場合、どちらが優れているとか、国家試験に有利、ということはありません。ただ、少しでも早く社会に出て活躍したい方は専門校を、逆にじっくり時間をかけて勉強したい方は大学を選ばれた方がよいでしょう。また、スポーツトレーナーなど活躍の場が広がっている柔道整復師ですが、学校によってはスポーツ医学に力を入れるなど、それぞれ特徴があります。自分の進みたい分野に力を入れているところを選べましょう。独立開業など、技術を身につければ一生続けられる柔道整復師、可能性は無限大と言えるのではないでしょうか。