看護師の夢をあきらめない|整体師になりたいなら資格を取ろう|感謝される仕事
レディ

整体師になりたいなら資格を取ろう|感謝される仕事

看護師の夢をあきらめない

2人の女性

事実上の返済がない

病院における人材不足は長年の問題となっています。そのために病院側もいろいろな対策を講じています。病院奨学金はそのひとつで、看護師を育て自分の病院で働いてもらうための制度です。医療系の学校はそのほかの学校と比べると学費が高いという傾向があります。そのために、看護師になりたいと思っていても経済的な事情から諦めてしまう子がいます。病院奨学金は、アルバイトなどをせずとも学費の心配をせず学業に打ち込むことが出来るため、家計の負担を少しでも減らしたい人に選ばれています。奨学金を借りるためには、卒業後一定期間はその病院に勤務することが条件となっていますが、給料から奨学金が天引きされるわけではなく、一定期間の勤務と引き換えの学費全額免除となっていることも人気なのです。

病院選びは慎重に

卒業後の就職先が決まっているということは、奨学金を選ぶときにすでに働く病院を決めるということです。看護資格を得るための学校を選ぶことと、就職先を選ぶことを同時にしなくてはいけないのは、とても大変だと言えます。実際に病院奨学金を利用した卒業生などに意見を聞いたり感想を聞いたりすることで、働き始めてから「こんなはずじゃなかった」という思いを少しでも減らすことが出来るため、情報収集は慎重にしましょう。万が一、期間内に病院を辞めるということになると、一括返済を求められますから気を付けなくてはなりません。また、病院奨学金の中には、一定レベルの学力と出席日数が求められる場合もあります。条件から外れてしまうと、全額免除ではなくなったりすることもありますから、日々学業は怠らないようにしましょう。